NO.11
書  名 オニールの成長株発掘法
著者/訳者 ウィリアム・オニール / 竹内 和巳
発行所 パンローリング
価  格 2,800円
 
 
 

「オニールの成長株発掘法」からの抜粋


 


成長株発掘方法 ”CAN−SLIM

 1.(Cureent Quarterly Earnings Per Share=当期四半期の一株当たり利益
 2.(Annual Earnings Increases=年間の収益増加)
 3.(New Products,New Management,New Hights=新製品、新経営陣、新高値)
 4.(Supply and Demand : Small Capitalization Plus Big Volume Demand=株式
     の需要と供給)
 5.(Leader or Laggard=主導銘柄か、停滞銘柄か)
 6.(Institutional Sponsorship=機関投資家による保有)
 7.(Market Direction=株式市場の動向)

 

 
 
 
鉄 太 郎 の ナ ル ホ ド と 納 得
 

 

 取得原価の呪縛から逃れなければならない。毎月1回、手持ちの株全てについて、現時点の状況で買いたいかどうかを自問自答すべき。買いたくない株は売却し、改めて買いたい株に投資すべき。成功している投資家も、正しい判断は3〜4割で、その内大儲けできるのは10個に1〜2個しかない。利益を上げるポイントは、如何に損失を小さくするかにかかっている。そのためには、損切りは確実に行なうことと、大暴落の前兆を絶えず監視し、見つけたときは、速やかに行動を起こすことが大事だ。