NO.17
書  名 「天才少年投資家マット・セト108の法則」
(ウォール街を興奮させた株の新定石)
著者/訳者 マット・セト
監修・翻訳:三木 茂 + 堀之内 朗
発行所 日本短波放送
価  格 1,262円
 
 
 

「天才少年投資家マット・セト108の法則」からの抜粋


 


  市場の高値・安値にまつわる雑音を切り捨てるために、私は簡単な方法を使っています。市場が高値圏もしくはその近辺にあるかどうかは、優良な割安株を見つけることがどれくらい難しくなってきたかでわかります。加熱した市場は個々の株価を実力以上に持ち上げる傾向があるため、堅実な割安株を見つけることが大変難しくなります。割高株の値下がりが始まると、それは市場がすでに高値圏にあることの兆候であるといえます。買われすぎの株はいつか必ず適正な価格まで調整されます。
  逆に市場が安値圏もしくはその近辺にあることも、市場で見落とされている優良割安株の数でわかります。痛手を受けた市場は個々の株価を過小に評価する傾向があります。もし過小評価されている株の株価が回復し始めたら、市場が底を打ってラリーが始まったと考えていいでしょう。

 
 
 
鉄 太 郎 の ナ ル ホ ド と 納 得
 

 

<投資スタイルについて>

マット・セトは、投資スタイルを次の4つに分けている。彼の投資スタイルは、
投資価値を重視した成長株投資型である。
 @成長株投資型
 A投資価値型
 B循環型
 C再建型

私は、それに派生的な6つを付け加えたい。
 Dブレイクアウト狙い型
 Eちまちまデイトレーディング
 F種株増殖型
 G堅実サヤ取り型
 Hオプション一発型
 I低位株バスケット買い型

どれを選ぶかは、次の条件を考慮に入れて決める。
 A.資金は大きなリスクを容認できるか
 B.資金を長期に寝かしておけるか
 C.市場と四六時中関わっておれるか
 D,生活がかかっているか
 E.ファンダメンタルを重視するか。
 F.テクニカル手法を重視するか。
 G.相場技法を重視するか。
 H.現在の市場の長期トレンドはどうか。
最後に大事なのは、自分にあった投資スタイルかどうか。