NO.28
書  名 株で儲けたい人のための
おそるおそるの信用取引き
著者/訳者 日向野 利治
発行所 明日香出版社
価  格 1,500円
 
 
 

「株で儲けたい人のためのおそるおそるの信用取引き」からの抜粋


 


<今の日本の株式では「上げ」では儲けにくい> 

  株式投資は、本来は安値で仕込んで、利幅が取れるまでじっくり待つのが、常道です。しかし、そのような投資ができるのは、「株価が上がる」ということが前提でなければななりません。ところが、今の日本経済は、GDP(国内総生産)が、1%そこそこで、ほとんど横ばいです。このことは、景気が良い企業がある反面で、悪い企業が相当あると言うことを示します。さらに、経済の規模の拡大がありませんから、同じパイの中での取り合いになり、生き残りが難しいのです。ですから、これからは信用取引の「売り」で儲ける感覚をみがいておくことが、株式投資で、儲ける力をつけることになるのです。    

 

 
 
 
鉄 太 郎 の ナ ル ホ ド と 納 得
 


カラ売りは危険な取引だと言われているが、ルールを守って行えば決して危険ではない。
   
<カラ売りを行ってはならない株>  

  @低位株
  A仕手株
  B上昇中の株
  C浮動株の少ない株
  D逆日歩のつきそうな株、ついた株.

大天井を付けた株がさらに上昇するのは、大変なエネルギーを必要とする。この時にカラ売りを行えばリスクは小さい。