NO.43
書  名 「1億円貯める人のマネー哲学」
著者/訳者 沢井 智裕
発行所 ダイヤモンド社
価  格 1,500円
 
 
 

「1億円貯める人のマネー哲学」からの抜粋


 


  資金運用に成功して大金を手に入れ、大きな買い物をしたくなったとき、お金を使うことに抵抗がなくなっているときは、”自分バブル”の中にいるのではないかと、セルフチェックしてみてください。
  セルフチェックには、自分を外から見る目が必要です、自分を第三者的に眺められる目です。ものの本によると、室町初期の能役者世阿弥は、『花鏡』の中で「見所より見る所の風姿は我が離見也」と書いたそうです。「離見」、つまり離れて客観的に自分を見ることは、投資の世界でも非常に重要なことです。

 
 
 
鉄 太 郎 の ナ ル ホ ド と 納 得
 


<お金持ちになるために身に付けたいこと>


  @自分の成りたいもの、手に入れたいものを明確にする。

  A3年先、5年先のイメージを具体的に持つ。

  B本と情報に金を惜しまない。

  Cギブ&テイクの人脈を大切にする。

  D年収とほぼ同額の余裕資金を作る。

  Eリスクを理解した上で、リスクを恐れず投資を行う。

  F儲けても、謙虚な気持を忘れない。