NO.61
書  名 株で毎日を優雅に暮らす法
(私は毎月10%儲けている)
著者/訳者 秋津 学
発行所 中経出版
価  格 1,400円
 
 
 

「株で毎日を優雅に暮らす法」からの抜粋


 


<出来高と株価の関係をつかもう>


 1.出来高が増加し出したが、株価が底値の位置にある場合は、やがて下げ止まるか、
   上がり出すでしょう。

 2.出来高が増加し、なおかつ株価が上昇し始めたら、買いのシグナルとみなすことが
   できるでしょう。

 3.出来高増加が継続し、なおかつ株価も堅調に推移する場合、かなり強気の姿勢
   をとることができるでしょう。

 4.出来高が増加しているのに、株価がもはや上がらなくなっているときは、もしそれが
   かなり株価が高い位置にある場合、天井が近いとみてよいでしょう。

 5.出来高が少なくなりつつも、株価が上がっている場合は、新規に買うのはやめて、
   利食い売りへ回るほうがよいでしょう。

 6.出来高が少なくなり、日足の勢いが衰えてきて、チャートが陰線を多く示し始める
   とそろそろ手じまいでしょう。

 7.出来高が少なく、株価も下げ続けるときは、売りをかけるチャンスとなるでしょう。

 8.下げトレンドの過程で、出来高が増加し出すが、まだ底値の確信をもてない場合
   は、追撃売り(売り方が買い方に追い打ちをかけるように、売りを浴びせること)を
   受けるでしょうから、新規買いは控えるべきでしょう。

 9.『1』へ戻って、循環します。

 
 
 
鉄 太 郎 の ナ ル ホ ド と 納 得
 
■自ら作った原則は必ず守らなければならない。破れば次回からルールとして使用
  できない。原則の修正は次回のトレードから適用する。

■初心者べからず集
  @仕手株に手を出すな。
  A業績の悪い株に手を出すな。
  Bチャート的に高い株に手を出すな

■儲けの源泉
  上げトレンドを発見し、上げ幅の一部をいただくのが実業で、上げ幅の全部を狙う
  ことは、いちかばちかのギャンブルとなる
  見込み違いのときは、5%でロスカットを行う