NO.76
書  名 NO BULL(ノー ブル)
編者 マイケル・スタインハルト/奥脇省三
発行所 パンローリング
価  格 1,600円
 
 
 

「NO BULL(ノー ブル)」からの抜粋


 



(底値のサイン)

 ダウ平均は大底(1974年12月の577ドル)を打つまでに、1973年につけた1000ドルを超える高値からほぼ50%を失った。しかし、このダウ平均の数値だけではマーケットの至るところで行われた大虐殺は理解できなかった。このころには行き過ぎた弱気が蔓延し、人々は株式を保有することさえ恐れるようになっていた。しかし、わたしたちはこの市場総崩れのなかで大成功を収めてきたがゆえに、いまや大きな自信を持ってマーケットが十分に弱気を織り込み、底値を形成しはじめたという相場観を立てた。相場への超楽観がマーケットの天井を示すサインであることが多いように、相場への恐怖もまた底値のサインである。わたしがこの目で見てきたどのマーケットサイクルにおいても、繰り返し繰り返し、熟練の投資家にさえ行き過ぎた感情が見られたのだ。世のなかの人たちが買えるものは国債だけだと思い始めたら、目をつぶって株式を買いはじめればよい。


(独創的発想法)

 このころ、わたしは分析手段として、独創的発想法とでも言うべき考え方の有利さを意識的に説きだしていた。独創的発想法とは、マーケットの総意と大きく異なるが、確かな裏付けのある意見を持つことと定義していた。役に立つ分析手段は、知的で優越なもので、しかも一般常識とは異質な考え方であるというのがわたしの持論だった。それには他人より多くを知り、状況をより正確に把握することが必要になる。同時に、マーケットが何を期待しているかを正確に理解することも決定的に重要だ。正しいのは異質な考え方のほうだと判明し、その結果、そちらがマーケットの総意に変わる過程で必ず大きな利益が出る。マーケットが何を期待しているのかを知ることは、基本的な知識と同じように大切だ。だが、ときとして、マーケットの理解が基本的な知識と異なることもあり得るのだ。当社がこのことに関して優れていると、早いうちから気づいていた。1970年代初めのころ、わたしたちはまさにこの考え方を採用してきた。成功のほとんどは、一般の総意とは異なる考え方を実行することで得たものだった。


(俗世からの解脱)

 独創的発想は単なる逆張りとも見られるかもしれない。しかし、十分な規律に基づく深い分析と、ただの「底値漁り」との究極の差は、人がある考えを持つにいたる過程でどれほど強くそれを確信できるかにある。人目につかない株の価格変化を予想するといった小さなことに至るまで、「ウォール街の見解」よりもはるか前にそれを知ることができてこそ、つまり、人より事情に通じているとの確信があって初めて、人が行わない投資を行う資格があると言える。そのような投資は、もしそれが正しいと分かったときには、その投資への認識の変化のみならず、価値評価の変化によっても利益を生み出す。ニルバーナ、これは俗世からの解脱である。


(知的プレミアム)

 ひとたび個別銘柄を選びだす段階になると、当社では厳密に基本的な財務分析に傾斜するように心掛けてきた。それが、私の方針であり考え方だった。財務分析には高度なものからそうでもないものまで、あらゆる種類の統計資料を分析するという意味が含まれていた。物事をライバルよりさらに詳しく知っていることには、それがどんな意味をもつものであっても大きな知的プレミアムがあった。わたしたちが最大の努力を払って獲得しようとしていたものは、現在起こっていることをミクロ的見地からもマクロ的見地からも、長期的視野に立って理解することだった。このことは、ある種の株式や産業グループの長期的保有もしくは集中投資につながると解釈される。だが、この作業の結果はしばしば短期的な取引を行うために用いられた。例えば、あることの長期的な進展が短期的な要素で増幅されたときや、マーケットのタイミングを考慮した結果、マーケットの方向が変わるのを予測し、それに沿ってポートフォリオを調整するときなどである。


(マーケットの不合理な行き過ぎ)

 ジョン・メイナード・ケインズはこんなことを言っている。
 「投資家が支払い能力を持っている間は、マーケットの不合理な行き過ぎは収まることはない」
 だから、投資家、特にレバレッジの効いた証券を持っている人、つまり借入金で投資している人は、犠牲を払わないで暴落を逃れ出ることはまれなのだ。保有している銘柄に大きな自信を持っている場合であっても、そこに大きな下げが訪れれば、損失を体験することになる。つまり、保有銘柄が犠牲となる、言葉を換えれば売り損なうわけだ。価格が現実を作っていくのである。確かに、大暴落は人が底値で売り終わってから下げ止まることが多い。これはパニックとレバレッジによる強烈な打撃だった。


(主流となっている考えに逆う勇気)

 10月15日に、ワシントン・ポスト紙は、わたしの経歴についての回顧記事を掲載した。その記事は、投資についてのわたしの発言を長々と引用していた。いわく、
 「過去においていちばんつらかったのは、そのときの主流となっている考えに逆う勇気を持つことでした。そのときの大多数の総意とは異なる独創的な考え方を持ち、そちらに賭けることでした。この考え方でつらいのは、投資家は自分の実績を評価するのに、自分の考え方を物差しとするのではなく、マーケットという客観的な物差しで測らなければならないことです。マーケットにはそれ自体の現実があるのです。瞬間的、感覚的な意味から言えば、マーケットはいつも正しいのです。だから、投資家が独創的な考えなどを持っていれば、マーケットが表明している一般的な通念によってしばらくの間はたたかれることになります」


※ ( )内タイトルは勝手につけました。



 
 
 
鉄 太 郎 の ナ ル ホ ド と 納 得
 
 <マーケットについて>

  □マーケットに永久資産株は存在しない。
  □マーケットは常に行き過ぎる。
  □買えるものは国債しかないと言われ出したら底である。
  □独創的な考えが利益を産む。
  □独創的な考えの裏付けにはあらゆる努力をしなければならない。